自分で気軽にできるアレルギー対策はツボ押し

 アレルギーとは他人にはわかりにくいものですが、患っている本人にとっては辛いこともあります。
 基本的にアレルギーとは、あることに対して敏感に体が反応するもので、免疫が関係しています。これは体質の問題なので、すぐには変えることができませんが、アレルギー対策をすることによって症状を軽くしたり、発症しにくくすることはできます。
 アレルギーが関係する病気にはいろいろあり、花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎、じんましん、食物アレルギー、アナフィラキシーショックなどがあります。軽い花粉症やアトピー性皮膚炎などは、少しの薬を使えば普通に生活を送ることができますが、アナフィラキシーショックのように症状がひどくなると、入院することもあります。しかし、入院するくらいのものでも、アレルギー対策として、病気の知識を得て、生活を改善したり体に合った薬を飲むことで症状を抑えることができます。
 自分の体に合った薬の処方は病院の先生にお任せして、自分でできるアレルギー対策を考えましょう。体質を改善させるためには、食事の仕方も重要ですが、足のツボを刺激すると良いでしょう。刺激することによって体の状態を良くすることができます。例えば、花粉症やアレルギー性の鼻炎に関する鼻のツボは、小鼻などの両脇にあるツボを数回、少し強めに押すと効果があります。症状が出ている部位によって、押すツボの位置は違いますが、手や足裏、耳には複数のツボが集まっているので、関係があるところを指やお灸、棒などで刺激すると、血行が良くなり、症状が和らいできます。アレルギーとは長く付き合ってきたという人も多いでしょう。そのため、治すにも少し時間が必要になります。真面目に3ヶ月続けていると、体の症状が良くなっていることに気づくはずです。どのようなときに押しても良いので、気がついた時に刺激するという軽い気持ちでいると続けられます。

トップページへ