梨で知る重要な食品アレルギー対策食品

夏から秋かけておいしい果実としてあるのがりんごのような形で実で食べ応えのある食感と水分を多く含んだ梨です。
この梨を食べると強い甘みがあることで人気の果実ですが、しかしまれに梨を食べると口の中がかゆくなることがあります。
このかゆみがあることで少量だけ食べるなら問題ないのですが、それが大量に食べる機械がある場合には有害となる場合があるので注意が必要です。
その有害なものというのが食物アレルギーで、食物に含まれている成分に体の抗体が過剰反応してしまい湿疹や喘息といった症状から重い状態になると意識障害を起こす危険な症状です。
梨の場合果実アレルギーの一種であり、梨はバラ科の植物の一種であることから春にかけて蔓延する花粉症との因果関係によって発症してしまうとされています。
そのためアレルギー対策は命を守るという観点で重要なものであり、基本的なアレルギー対策はどの物質に対して反応するかを調べることで判断しますが食べ物の場合ではそれを食品アレルギー対策食品と呼びます。
アレルギー対策で重要な食品アレルギー対策食品の使い方は食品によって使用方法に違いがありますが、食品アレルギー対策食品で梨といった果実の場合には果汁を絞った後に肌に少量だけつけて反応を確かめるプリックテストを行います。
プリックテストにはアレルギー対策として必要な項目である反応速度を調べるもので、アレルギーには即効性と遅効性があり反応がどのレベルで発症するかを調べるもので反応を感じる果物と大丈夫な果物の区別がつくことができます。
この食品アレルギー対策食品で調べた後には幼少期であれば耐性がついて問題ないまでになることが出来ますが、大人では耐性力をつけることが出来ないため反応があったものは極力避けるか微量の反応する程度で食べることが望ましいといえます。

トップページへ